WEB旅行相談
  • TEL:0800-800-1586
  • お問い合わせ

JR関内駅より徒歩3分の旅行会社 私の夢旅

0800-800-1586
営業/受付時間
平日 10:00~20:00
土日 10:00~15:00

※日曜日は毎月第二日曜日のみ営業
※来店は完全予約制となっております

お問い合わせ
夢旅コラム

夢旅コラム

目的・テーマ別、新婚旅行|パワースポットを巡るハネムーン【後編】

  • 2020.04.14
  • カテゴリ:

新婚旅行・ハネムーンを満喫するには、旅の「テーマ」を決めることも重要な要素の一つです。

今回は、ハネムーンにもピッタリ、「パワースポット」にフォーカスした旅行先を【前編・後編】の2つに分けてご紹介します

 

【後編】の今回は、世界三大パワースポットの1つ「ロードス島」とヨーロッパを代表するパワースポット「グラストンベリー」をご紹介。是非旅行計画の参考にされてみてください!

 

★前編:目的・テーマ別、新婚旅行|パワースポットを巡るハネムーン【前編】

パワースポットを巡るハネムーン|ロードス島

ロードス島とは

 

エーゲ海の東南部に浮かぶ、ギリシャ領ドデカニソス諸島に属するロードス島。世界遺産にも登録されている淡路島の2倍ほどの大きさを持つ島です。この島には紀元前16世紀頃から古代文明を持つ人々がやってきており、アレクサンダー大王の勢力下でエーゲ海の商業と文化の中心として栄えました。東地中海の海路の要衝でもあるため、古来よりさまざまな国から攻撃・支配され、現在でもそれらの国々の多様な文化の影響を垣間見ることが出来るのも魅力の一つです。また、世界七不思議の1つ「ロードスの巨像」が建っていた場所としても知られています。

 

 

ロードス島へのアクセス

 

ギリシャの首都アテネからは、飛行機(所要約1時間)またはフェリー(所要約14時間)を利用していくことが可能。しかし、アテネまでは日本からは直行便が就航していないため、オススメなのが、フィンランド航空を利用してヘルシンキ経由で行く方法。乗り議の時間も含めて日本から16時間ほどで到着できます。

 

ロードス島のベストシーズン

 

エーゲ海の気候は地中海性気候のため、年間を通して降水量は少なく温暖です。その中でも観光に適したシーズンと言えるのが、夏にあたる5月~10月になります。海で泳ぐことの出来る気候になるのは、6月~9月で、その中でも、7月~8月は日差しがかなり強くなるため、少し注意が必要です。

 

ロードス島の見どころ

 

ロードス島の中世都市

ロードス島は、1309年に島を占領した「聖ヨハネ騎士団」により高さ10mにもなる城塞が築かれ、街を囲まれました。今日ではその城塞の保存状態の良さや、残された中世都市の美しさから、「ロードス島の中世都市」として世界遺産にも登録されています。

 

 

ロードス島の巨像

紀元前3世紀頃にリンドスのカレスによってエーゲ海南東部のロードス島に建造されたとされる、太陽神ヘーリオスをかたどった彫像。全長は34m、台座まで含めると約50mになり、現代のニューヨークの自由の女神像に匹敵する大きさであったと言われています。ただし、西暦前228年または226年の大地震により膝のところで折れて地面に倒れ崩壊してしまったとされ、現在はその姿を確認することが出来ません。

ちなみにこの巨像は、ギザの大ピラミッド、バビロンの空中庭園、エフェソスのアルテミス神殿、オリンピアのゼウス像、ハリカルナッソスのマウソロス霊廟、アレクサンドリアの大灯台とともに世界の七不思議にも数え上げられています。

パワースポットを巡るハネムーン|グラストンベリー

グラストンベリーとは

 

イギリス随一のパワースポットとして知られる「グラストンベリー」。世界最大の野外ロック・フェスティバル「グラストンベリー・フェスティバル」の会場としても知られています。このフェスティバルが開催される3日間以外のグラストンンベリーは、牧草が生い茂る自然豊かで静かな田舎町。そんな街がパワースポットとして崇められている理由は、イギリス人なら誰もが知るアーサー王伝説に由来します。

 

グラストンベリーへのアクセス

 

ロンドンからは長距離列車とバスを乗り継いで3時間ほどで到着します。少し時間的にはきつくなりますが、ロンドン市内から日帰り観光もできるので、是非ロンドンを訪れた際には足を延ばしてみてください!

 

 

グラストンベリー(ロンドン)のベストシーズン

 

特にヨーロッパ全体の国々に言えることですが、ヨーロッパに観光に行くなら、ダントツ夏がオススメです。6月から8月のロンドンは、平均最高気温は23℃、平均最低気温が14℃ととても過ごしやすい陽気で、日照時間も長く、夜まで観光するにはピッタリ。何をするにも快適に過ごすことが出来ます。

 

 

グラストンベリーの見どころ

 

序文でも書いた通り、グラストンベリーはアーサー王伝説に縁の深い街。そのことからあの「ストーンヘッジ」と並ぶ、イギリスを代表するパワースポットともいわれています。

ここからはグラストンベリーに点在する、アーサー王伝説縁の場所をご紹介していきたいと思います。

 

 

1.グラストンベリー修道院

日本語では「グラストンベリー修道跡」とも紹介されることもあり、その名の通り、16世紀にヘンリー8世により解体を命じられ、略奪を受けてしまいました。

この地こそがグラストンベリーの伝説の始まりの場所とも言える場所で、アーサー王その人と、王妃グィネヴィアのお墓があるとされており、略奪前はグランストベリーで発見された、王と王妃の遺体の入った棺がグラストンベリー修道院に安置されていたとされているのです。しかし肝心の2人の棺は、16世紀の略奪の混乱の際、行方知れずとなってしまいました。

 

 

2. グラストンベリー・トー

グラストンベリーで最も神秘的な力を感じる場所ともいわれている、グラストンベリー・トー。街の中心部から少し離れた小高い丘の名前です。丘の頂上付近には、屋根が無い旧聖ミカエル教会が建っており、「異界への入口」とも称される神秘的な姿を魅せています。

この丘は、アーサー王伝説の舞台としても知られ、戦で致命傷を負ったアーサー王が癒しを求めて渡り最期を迎えたとされる「アヴァロン」だとされており、イエス・キリストがアリマタヤのヨセフとともにブリテン島を訪れた際の上陸地で、後にそこがイギリス最初のキリスト教会となったという伝説の場所としても語られています。

 

 

3.聖杯の井戸

最後に、アーサー王伝説とは別に、グラストンベリーにあるキリスト教と聖杯にまつわる伝説の井戸をご紹介します。

「聖杯」とは、最後の晩餐でイエス・キリストが使い、イエス・キリストが亡くなった時血を受けたという杯で、ゴルゴダの丘で処刑をされたキリストの遺体を引き取って埋葬をした、アリマタヤのヨセフが、その聖杯を持ってイギリスに渡ったと中世ヨーロッパの伝承には残っており、その聖杯を沈めた井戸が、グラストンベリーにあるこの「聖杯の井戸」だと言われているのです。その泉から流れ出る水は、鉄分を多く含んで赤み帯びていることから「赤い泉」と呼ばれ、18世紀頃からヒーリング・パワーを持つ「聖水」として広く知られるようになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

せっかくのハネムーン、普段中々足を延ばすことの出来ない、世界中のパワースポットを訪れてみるのも面白いかもしれません。

【前編】ではアメリカにある2大パワースポット「セドナ」と「ハワイ島」をご紹介しておりますので、併せてご覧ください♪

 

★★私たちの夢旅では、新婚旅行・ハネムーンの計画に役立つ様々なコラムをご紹介しております!

是非併せてご参照ください♪

目的・テーマ別、新婚旅行|一度は行きたい絶景を巡るハネムーン

目的・テーマ別、新婚旅行|世界遺産を巡るハネムーン

目的・テーマ別、2人だけのオリジナル新婚旅行|スポーツ観戦

是非一度、ご相談ください!
★★来店特典もご用意しております♪
  来店いただいたお客様にスターバックスカード500円分プレゼント!
 (初回の来店は、ご相談だけでOKです)
旅コレクション 横浜店
電話:0800-800-1586   メール:yokohama@tabi-colle.jp
営業/受付時間 平日 10:00~20:00
       土日 10:00~15:00
※日曜日は毎月第二日曜日のみ営業
※来店は完全予約制となっております
ハネムーン
記念日旅行
オーダーメイド

ハネムーンやオーダーメイド旅行なら
夢旅にお任せください!

お客様のご希望にそったプランをご提案いたします。
どうぞお気軽にご相談下さい。

  • 電話でのお問い合わせ:0800-800-1586
    営業/受付時間
    平日 10:00~20:00 土日 10:00~15:00
    ※日曜日は毎月第二日曜日のみ営業
    ※来店は完全予約制となっております
  • メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP